CSダイアリーblog 赤白青レヴィヤバスター【デュエルマスターズ】

flat-です。今回のCSダイアリーはTKGさんが制作したレヴィア剣。僕も長岡CSで使って4-2でした。

デッキ使用者:森のくまさん
デッキ製作者:TKG
戦績:フォルバルトCS優勝

デッキリスト
ドギラゴン剣×4
龍装チュリス×4
ミクセル/ジャミングチャフ×4
クロック×4
レヴィヤターン×3
ドレミ×3
グレンニャー×2
シド×3
ドンドン吸い込むナウ×3
オリオティスジャッジ×2
バルチュリス×3
ゴーゴージゴッチ×3
単騎連射マグナム×1
音精ラフルル×1



このデッキの特徴は何といっても超次元を使用しないところ。比較的安価に組めるバスターです。何故超次元を使用しなくてもよいのか。その秘密がこちら、
守護炎龍 レヴィヤ・ターン P 火/自然文明 (6)
クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/スノーフェアリー 7000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーが破壊された時、コスト3以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
W・ブレイカー
レヴィヤターンは召喚時3コスト以下のクリーチャーをマナから場に出せるので、これで打点のカサ増しができます。

構築解説
ドギラゴン剣×4
龍装チュリス×4
主軸。特にいうことないです。

ミクセル/ジャミングチャフ×4
レヴィヤで出せるカード。ジャミングチャフで相手呪文阻害しながら殴る動きもあるため呪文面、クリーチャー面ともに優秀なカード。

クロック×4
ST枠。「なんでホーリーじゃないの?」との質問がありそうですが、クロックは3マナ。つまりレヴィヤターンで出せます。でも普通に殴るときに出してもターン強制終了するので旨味は0。
じゃあどうやって使うのかですが、このカードは相手の踏み倒しメタに対するメタです。
例えば相手の場にオニカマスがいるときに革命チェンジによりドギラゴン剣を場に出し、その効果でレヴィヤターンを出すとこの段階ではこのクリーチャーはオニカマス効果でバウンスされてしまいます。
しかしここでレヴィヤターン効果、クロックをマナから場に出すとそのままターンが終了するので相手のオニカマス効果を封殺できるわけです。
また受け札としてもこのクロックは機能します。
自分の場にレヴィヤターン+メメント守神宮があるときに相手のパワー7000以上(レヴィヤターンのパワー以上のクリーチャー)が攻撃したら、レヴィヤターンでブロック→レヴィヤターン効果でマナからクロックを場に出すことで
相手ターンを強制終了させることができます。
これかなり使えますので覚えておきましょう。

レヴィヤターン×3
普通のバスターでいうレティーシャやアパッチウララーみたいな枠。攻守共に優れています。

ドレミ×3
グレンニャー×2
初動。ドレミ→シドで動くと相手にサザンだと誤認させられます。僕は実戦でこの動きをした次のターンドレミ攻撃、シド攻撃→バルチュリスからドギラゴン剣に革命チェンジ、マナからラフルルというウルトラCを行いました。

シド×3
メタカード枠。ロージアのようなデッキはこれで遅延させその間にジャミングチャフやラフルルをもってこよう。

ドンドン吸い込むナウ×3
ST枠。相手の動きを阻害しながらサーチできる効果は優秀。

オリオティスジャッジ×2
ST枠。相手の理不尽に対応できるカード。デスザークやバスターに刺さります。

バルチュリス×3
通常のバスター通り、序盤にだした低コスト帯のクリーチャーからつなげる動きもありますが、もう一つ
ドギラゴン剣→レヴィヤターンを場に出した際、レヴィヤで単色クリーチャーを場に出すとジャスキルまでいかないので足りない1打点を補うことができます。

ゴーゴージゴッチ×3
サーチカード。レヴィヤターンで出してバルチュリスサーチしたりします。

単騎連射マグナム×1
音精ラフルル×1
特にいうことなし。単騎はレヴィヤで出せます。

比較的安価に組むことができるバスターです。ぜひ作ってみては。
追記。新弾20%OFFで予約できるのは今だけ。この機会に是非。
予約トレカ(デュエルマスターズ)【ボックス】デュエル・マスターズTCG 双極篇 拡張パック第2弾 逆襲のギャラクシー卍・獄・殺!! [DMRP-06]

予約トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG クロニクル・レガシー・デッキ2018 究極のバルガ龍幻郷 [DMBD-05]

予約トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG クロニクル・レガシー・デッキ2018 至高のゼニス頂神殿 [DMBD-06]

1 Comment

nebena.com

nebena.com

This web page is known as a walk-via for the entire information you wished about this and didn’t know who to ask. Glimpse right here, and you’ll undoubtedly uncover it.

現在コメントは受け付けておりません。