新弾カード評価(火文明編)

新弾カード評価 火文明編

【龍星装者 “B-我(バルガ)”ライザ】
火文明 8コスト
ドラゴンギルド/ビートジョッキー
パワー 8000

 

シンパシー:ビートジョッキー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のビートジョッキー1体につき1少なくなる。ただしコストは0以下にならない)
W・ブレイカー

G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。

自分のクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それがビートジョッキーまたはドラゴンで、コストが攻撃しているクリーチャーのコスト以下なら、バトルゾーンに出す。それ以外なら、自分の山札の一番下に置く。

評価値:7.5
解説:
とりあえず一見で「8軸ガチロボにいれたら強そう」という小学生並みの感想が出た。今のガチロボはドラゴン持ちも多いし何よりニコルボーラスを出したい。
ビートジョッキーと組み合わせるのであれば相性の良いカードは【DBファンクC-軍】だろう。

DB“ファンク”C-軍 SR 火文明 (5)
クリーチャー:ビートジョッキー 5000
G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、自分のビートジョッキーすべての召喚コストを最大5少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
自分の他のビートジョッキーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。
バルガライザ自体を召喚するなら小型のビートジョッキーを並べないと早期召喚できないが、攻撃するときはデカいビートジョッキーを出したい。それならデカいビートジョッキーをコスト軽減してだすのが効率的

C-軍でビートジョッキー事態の召喚コストを軽減してバルガライザから暴れまわる。今の連ドラはこんな感じなんだろうか。




【B-暴 砲台 ストロンガ】
火文明 7コスト
ビートジョッキー
パワー9000

W・ブレイカー
スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい。)
このクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーが破壊された時、相手のシールドを1つブレイクする。

 

【絶対無敵シールド】
火文明 6コスト
自分のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうしたら、次の自分のターンのはじめまで、自分はゲームに負けず、相手は勝てない。

評価値:2.5
山札サイクリカ2枚だけにして毎ターン絶対無敵シールドでサイクリカ破壊し続ければ一生負けないので相手の山札だけゴリゴリ削れていく地味すぎるループができる。
※シャコガイルの効果は無効にできないので普通に負ける点は注意。

特に使用用途もなさそうなので普通にハズレア。

 

【ゴゴゴ“Z-滅”ドライブ】
火文明 3コスト

S・トリガー
自分のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを+2000する。その後、相手のクリーチャーを1枚選び、その2体をバトルさせる。

G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、このターン、自分のクリーチャー1体を+2000するかわりに、自分のクリーチャーすべてのパワーを+4000する。これらのクリーチャー1体につき相手のクリーチャーを1体選び、その2体をバトルさせる。

評価値:6.5
自分の場にクリーチャーがいたら最低でも1体除去。GGGの条件満たせば複数体除去ができるのでコストに対する除去性能はかなり高い。
ただし自分の場にクリーチャーが居なかった場合何も起こらないという地獄かと思うほど弱いデメリットを有している点に注意。

GGG効果達成時はパワー2000でも6000ラインまで除去できるのでチェンジザ等のハイスペッククリーチャーを焼ける点は評価。
よってGGGを達成しやすい轟轟轟系統のデッキに搭載するのはアリ。

またデスマッチビートルのような元々パワーが死ぬほど高いカードとの相性も良いため、新規で火緑系統のデッキを制作する際は採用候補に挙がるカードとなる。
ゲイルヴェスパーに搭載する場合別途火マナを搭載しないと手打ちできないのがネックなので厳しいか。

14 Comments

Ankara escorts

Sites we Like…

Here are some totally unrelated internet sites to ours, on the other hand, you can take a second and visit the website…

هدیه ولنتاین

هدیه ولنتاین

I do like the way you have framed this specific concern and it really does supply us a lot of fodder for consideration. Nevertheless, from what precisely I have seen, I simply just hope as other reviews stack on that men and women continue to be on poi…

現在コメントは受け付けておりません。