赤黒バスター超次元考察

flat-です。
最近赤黒バスターの開設動画上げたんですが、コメント欄にて「ウコン・ピッピー」の採用について伺ってる人がいましたので個人的見解を述べます。

結論を先に言いますと、「採用余地は十分にある」です。



このカードは「自分のドラゴンのパワーを2000上げる」という極めてシンプルな効果を有しているのですが、このテキストは革命ゼロトリガーとして使うことでそのポテンシャルを爆発させます。

早い話ボルシャックドギラゴンと組み合わせるんですね。相手のドギラゴン剣のダイレクトアタックに対して

「ウコンピッピー下でボルドギを出す」or「ボルドギでアパッチウララー捲ったときにウコンピッピーを出す」

このどちらかを成立させることでボルシャックドギラゴンのパワーを14000まで底上げすることができます。結果的にドギラゴン剣相手にパワーで勝てるようになるわけですね。

また自分が攻撃するときにもウコンピッピーを出しながら攻撃することで味方のドギラゴン剣のパワーを13000→15000まであげることができます。相手のウコンピッピーボルドギにパワーで勝てるようになります。 というわけでウコンピッピーというカードは非常に強いです。

まぁ受けという観点から見た際に、要はそのクリーチャーを止めれればいいわけなのでブロッカーのコンボイでも対処できるということはあるのですが、カウンターで反撃するところまで考慮すると恐らくウコンピッピーに軍配が上がる気がします。

じゃあ何故ヴォルグサンダーに枠を割いたかという話になるんですが、これは環境読みです。

ヴォルグサンダーというカードは入れておくだけでハンデス及びクリーチャー総数の少ないデッキに対するけん制になります。

要はアパッチでヴォルグ出しておけば、相手はそのヴォルグサンダーを破壊しようとしても再度出されることを恐れて盤面に残したりします。

そこを付け狙って上から解決できる札を拾った際にジャスキルを狙いに行く、そういった形で入れています。

 

チーム戦ということもあり、意地でも勝ちにいきたいCSだったので、相手のプレイングミスを狙えるカードを入れておきました。

結論ですが、ヴォルグサンダーは推奨するほどのカードではありません。仮にCSに出ているプレイヤーが全員完璧なプレイングをした場合、ヴォルグサンダーが刺さるケースはかなり少なくなります。ウコンピッピーを入れるのが無難です。

ただ、環境読みと相手プレイヤーのレベル次第で状況がひっくり返ることがありますので皆さんも超次元を考える際は脳死で決めずに一度立ち止まって考察してみてください。

そんなわけでこの記事書いたせいで授業に2分遅刻ほど遅刻しますのでこの辺で終わります。かなり走り書きしたので文法やばくなってるところあるかと思いますが、気が向いたら後で修正しておきます。

P.S 新弾で環境変わりすぎたので慌てて新弾4BOX買ったんですがドルガンチュリス7枚出ました。そこは8くれよ。

6 Comments

KOTAKINN

コメント失礼します
超次元の話ではないんですが
メガマグマを入れることが
予算的に難しい場合代わりに何を入れたらいいでしょうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。