GPとCSを終えて。

flat-です。土曜日にGP6thが、日曜日にはアニチュCS(チーム戦)があり今思えば両日ともに非常に楽しい生活が送ることが出來ました。
結果ですがGPは3-3予選落ち、アニチュは9-0優勝ということでデッドゾーン持って帰ろうとしたのにボルドギゲットして帰ることになりました。いや十分すぎるぐらいうれしいんですけどね。というわけでここに至るまでのエピソード等を語っていきたいと思います。(一部記憶が危ういところがあり脳内補完されています。微妙にフィクションだと思ってください)

デッキ選択について。
僕らのデッキ選択は「どの3面統一に当たっても2-1で勝てるチーム」を目指しました。そこで僕は一応自称リーダーだということもあるので先に自分の握るデッキをある程度決め、そこからそのデッキで取れないものを味方に埋めてもらおうという作戦に出ました。そこで僕がチョイスしたデッキはアナカラーシャコガイルorドロマーロージア。平均カードパワーが高く、初見殺しが可能な点を評価しました。

そこで九州にいるチームメイトのこもがに連絡をとったところ、彼もその2択で悩んでいることが発覚しました。そこでどっちかアナシャコ、どっちかロージアにしようということである程度話がまとまり、こちらの方で先にアナシャコを回すからそっちでロージアを回して意見交換しようということで一度解散しました。というわけでアナシャコを考え始めました。4月上旬の話です。その後身内と何回か調整しリストが完成しました。それがこちらです。

flat-式アナシャコ
アナリス×4
黒豆だんしゃく/白米男しゃく×3
フェアリーシャワー×4
サイバーダイスベガス×4
スペルサイクリカ×1
テック団の波壊GO×4
ロストソウル×3
悪魔の契約×1
佐助の超人×4
バイケン×4
サイゾウミスト×3
シャコガイル×2
クリスタルメモリー×1
スパイラルハリケーン×2
まさかの超次元無し。そして製作段階ではまだcsで誰も積んでいなかった黒豆だんしゃくを搭載したものでした。ガロウズホールについては練習中欲しいと思う瞬間が無く、調整相手のかたつむりさんから「なくても勝てる」との意見をいただいたので抜きました。見た目の12倍強いので「アナシャコ握りたいけど次元が。。。」って人はオススメです。因みに上記のデッキを友人とシェアしてデッキィCSに持ち込んだところ二人そろって6-2のbest8でした。また上記のデッキからだんしゃく2枚→クリメモ2枚目、ストリーミングシェイパーにした構築をかたつむりさんが握ってGP6th best32でした。

デッキィCSの結果から「これはいける」と何かを掴んだ感じがして直ぐにこもがに連絡。アナシャコで行くことを伝えると彼からもロージアで結構いけるとの返信を貰い僕とこもがで2人分のデッキタイプが確定しました。

そこで残ったのがKC(ゆりちゃん)です。彼に何を握らせるべきかを考えなくてはいけなかったのですが、デッキィCSがあったのが4/14。KCは大学生ということもあり調整時間には不安が残ります。さらに一番の問題点がKC自身の私生活が忙しくデュエマから距離を置いたため今の環境を知らないこと。浦島太郎かお前は

そこで3面統一で2-1を取れ尚且つ1人でも隙間時間に練習ができる束はなんだと考えた結果たどり着いた答えが「ジャバランガループ」でした。ジョーカーズ以外の束に有利が付きやすく、彼は記憶力が良いのでループ手順についても2日もあれば覚えれるとのことだったので友人のくれまる君にリストを貰い、直ぐにメルカリでパーツを揃え(なぜか僕が揃えました)、完成したデッキをKCに渡しました。GP3日前の話です。




不安が募る中東京に前日入り。渋谷のフルコンプで友人の柑橘(江坂勢)と待ち合わせをし、そこで8時間調整を行いました。
※江坂勢:dottoさん率いる大阪の強豪が集いし調整場。

僕の感想を簡潔に述べるなら「江坂のデッキマジでやっべぇ」でした。完全に僕らが知っている環境の一つ先を行っていました。調整時間もさることながら調整相手がみんなオバケみたいな強さだから濃度も凄いんだと思います。
そのデッキのなかでも特にエグかったのが「バルチュリス搭載赤白青バスター」。GP後にるのさんという方がレシピ出してたのでアニチュチームCSでKCに握らせて優勝したんですけどゲロ吐くほど強かったです。

そこでそのデッキと僕の自慢のアナシャコとで戦ってみたんですが勝率4割程度(初見だったためプレイング学べば5割ぐらいかも)。冷や汗がでてきます。そこで注目したのが柑橘が握っていたアナシャコ。これバルチュリス剣に対して6:4~7:3で有利が付いていました。「隣の芝生は青く見える」とはよく言ったものですがまさにそれ。もう釘づけですよ。ひたすら棒立ちで試合鑑賞してました。その後柑橘とフリーで何回かアナシャコミラーマッチしたんですがここで衝撃の事実が発覚します。

「柑橘のアナシャコに勝てない。」

大事件でした。でもこれ落胆するというよりはハッピーな事件で、僕のアナシャコも悪魔の契約の搭載により同型有利で構成されていたんですがそれを使っても体感勝率3割~4割。圧倒的不利を実感せざるを得ない魔法のカードがそこにはありました。

 

龍装艦ゴクガ・ロイザーです。

 

呪文で選ばれない効果が強すぎて同型のアナシャコで処理が全然できません。そうこうしているうちにフェアリーシャワーや白米男しゃく2回ずつ打たれてリソース差が開き普通に負けてしまいました。ゴクガロイザーいつか悪用されると思ってたんですけど出番早かったですね。ということで柑橘に「デッキレシピ見せてもらっても…」とクソ図々しいおねがいをしたところレシピ公開してくれました。大好き。

それで何回か回し柑橘と情報交換を行った結果完成した最終リストがこちらになります。

フェアリーライフ×4
黒豆だんしゃく/白米男しゃく×3
フェアリーシャワー×4
デモンズライト×3
怒流牙 佐助の超人×4
Dの博才 サイバーダイスベガス×3
斬隠蒼頭龍 バイケン×3
龍装艦 ゴクガロイザー×2
超次元 ガロウズホール×1
テック団の波壊Go!×3
龍素記号Sr スペルサイクリカ×1
英知と追撃の宝剣×1
怒流牙 サイゾウミスト×3
ロストソウル×2
水上第九院 シャコガイル×2
キングダムオウ禍武斗/轟破天九十九語×1

解説記事柑橘に書いて貰ったのでここからみてください。
一定数いるであろう同型のアナシャコに有利とれるのがかなり大きいです。まぁ僕は土日両日通して1回も当たりませんでしたが。というわけで僕のデッキが確定。結局前日に完成かよといった具合ですが元々アナシャコ握ってたこともあり対面によって注意すべきポイントはそのまま応用が効きました。

ただハッキリ言うとこのアナシャコは普通のアナシャコより回すのが難しいのでアナシャコ未経験者はとりあえず僕が作ったレシピから握るのを推奨します。あっちはあっちなりの強さもあるのでこちらの方が一概に強いわけではありません。ただ僕のアナシャコはバルチュリスの入っていない「過去」のバスターを見ていますがこのアナシャコはこれから流行ってくるであろう「未来」のバスターを考慮して作られています。なので多分将来的にはこっちの方が流行る気がします。

デッキも完成し調整も終わりホテルに行き一泊。ここのアパホテル1か月以上前から予約してたんですけど温泉付きで会場からも近く早割のおかげで一泊5000円以下で泊まれたので最高でした。ただ調子に乗ってその日の夜に軽く飲み会した際の会計全額僕が払ったので僕一人だけ実質7000円になりました。この性格直さないといつか破産しそう。

そして迎えたGP当日。結果は3-3、個人成績4-2。こもがは5-1、KCは1-5でした。KCの調整不足が神にバレたのかなと思います。明日のアニチュCS頑張ろうぜということでサプライを買い漁り視聴者さんと交流を行い、デュエレコのてるさんと柑橘とチーム戦のガンスリンガーで興奮したり茨城CS主催の方々とお話しをさせていただいたりUUUMネットワーク所属YouTuberのあっぴくんと対戦動画を撮ったり(後日向こうのチャンネルでアップされると思います)鐘紡COMPOFFのモルさん店長やブックアイランドじゅにあ入間店のヒサダ店長と少しお話させていただいたりと非常に充実した時間を送ることが出来ました。

で、帰るかってなった矢先ですね。千葉ビートが不正で失格になったのは。

最初は「あぁそうなのか」ぐらいだったったんですけど打ち上げで飲み会に行ったときに怒り爆発しましてボロクソ言ってたと思います。僕みたいなある程度影響力のある人間は特定の人を名指しで否定するようなことは言わないほうが良いのわかってるんですけど流石に今回の騒動は例外かなと思います。イカサマした人間擁護してたら絶対そこに漬け込まれますので。

マナー違反だとか過激発言だとかに対して影響力ある人が一々名指しで反論するのはYouTubeやってる人間としては「立場わかってんの?」とは思いますが、ルール違反してる人間を擁護しだしたらそれはそれで「立場わかってんの?」と思います。もしそれでイカサマした人間が許されるようなことがあったらデュエルマスターズというゲームそのものが終わってしまいかねないからですね。



それで飲み会の席でチームメンバーと「なんでサマしてクロック持ち帰ってんの?」みたいな感じで愚痴の言い合いになった結果デュエマのモチベーションが完全に消失したわけです。それで明日は東京ゆっくり観光して帰ろうということになったんですがここはやっぱりDMP。一晩寝て起きた後LINEで「今日CS行く?」「「行くか」」みたいな会話が行われ全員でCSに行く準備を始めます。

そんなこんなでアニチュCSに向かいはじめます。デッキシートが無くてセブンイレブンでコピーしようとして店内に入るもコピー番号が見つからず、誰かからデッキシート借りてコピーしようとした矢先たくぽん君みたいな人がセブンの外から見えたためダッシュ外に飛び出て「デッキシートコピーさせて!!!!」といいました。人違いで普通にマラソンしてる人でした。「でっき…しーと…?」みたいな感じで返されました。死ぬほど恥ずかしかったです。

そんなこんなで迎えたアニチュCS。前日の教訓からKCの握るデッキをジャバランガループ→赤青白バスターにシフトチェンジし僕とこもがは同一のデッキを持ち込みいざ出陣。

途中KCが3ターン目に龍装チュリス着地ターンエンドして対戦相手に「じゃあチュリス自壊で」と言われて顔が真っ青になる「龍装チュリス死刑事件」があったのですが、その試合も上手いこと拾って結果チーム9-0で優勝することができました。序盤地獄みたいなプレイをみせたKCも決勝トーナメントでは全勝してくれたのでかなり助かりました。僕以外のデッキも後日公開予定です。(バスターに関しては許可貰い次第投稿します。るのさん、もしこの記事拝見してたらDM下さい。DMこなかったら後日こちらからDMさせていただきます。)

ただ本当の決勝戦はここからでした。

アニチュCSの運営が僕らのところにかけより一言「CSサポート商品であるボルドギが1枚初期傷で右下が少し捲れている」と滅茶苦茶申し訳なさそうに伝えてきました。しかしやはり天才なのか、ここでflat氏に電流が走ります。

flat-「傷アリ争奪戦いまからやるので運営さんカメラマンやってもらっていいですか?」やっぱりせっかくのCSですし運営にも喜んで終わってほしいので「3人のうちだれが傷アリボルドギを持ち帰るかゲーム」の開催を急遽決定いたしました。ルールは簡単。ジャンケンで買った順に運営の1人が持っているボルドギを裏向きのまま1枚引っこ抜く(捲れは裏向きだと見えないレベル)。それだけです。正直これが一番興奮しました。後日動画上がります。

 

そんなこんなで本当の決勝戦が終わり、くれまる君(アニチュCSきてた)とKC、こもがと飯食いに行ったんですね。本当の本当の決勝戦があるとも知らずに。。。

 

ご飯も食べ終え「さて帰ろうか」となったんですがここで事件勃発。飛行機の出発19:55に対して現在時刻18:50分。最速で向かっても向こうの空港に到着するのが19:44でした。こもがとくれまる君は別で帰るので別れ、僕とKCはダッシュで電車に乗りました。総重量12kgの荷物を抱えての全力疾走はマジでキツかったです。なんでこんなにカードを持ってきてしまったのか自分が恨めしくて仕方がありませんでした。空港到着してから11分以内に搭乗できるのか。最終決戦が今始まりました。

電車に乗っている間TwitterではGP4位入賞のやくしーさんが「飛行機乗り遅れた」とツイートしているのを発見し「マジで仲間になりそうです」とリプを送ると「ワンチャンご一緒するかもですね待ってますよ(^〇^)」と帰ってきました。勘弁してください。(因みにGPでやくしーさんにお会いして少し話させていただいたのですが超絶イケメンでした。眼前に現れるのも失礼に感じてしまったので次回のGPまでに痩せておきます)

そこで電車に乗っていると出発時間が表記されているメールに地獄のような一文を発見します。「発射時刻20分前までに搭乗してください。それ以降だと搭乗できなくなります」

膝から崩れ落ちました。詰んだ。

諦めきれずに航空会社のANAに電話をかけます。するとANAスタッフ「電車の遅刻証明書がなければ明日の飛行機に乗るしかないですね。。。別途10290円かかります」とのこと。がっくりと肩を落とし諦めたその瞬間、ANAスタッフ「現在該当の飛行機ですが10分遅延しているので確約はできませんが間に合うかもしれません。羽田空港に着いたらすぐにANAスタッフに話しかけてください。」とのこと。神は僕たちを見捨ててはいなかった。

 

電車が羽田空港に到着し全力疾走タイムがスタートします。10kgのキャリーケース&2kgの手荷物抱えエスカレーターを突っ走り歩く歩道を走り抜け入場ゲートまできました。このときGP6thで買った4000円のストレージボックスがどこかのエスカレーターで落としたらしくいつの間にか姿を消していました。普通にショックでした。(後日ANAに電話したら奇跡的に見つかりました。ANA最高。)

ANAスタッフ「まだギリギリ間に合います。66番ゲートまで急いで行ってください。」現在60番ゲート。あと少しだと思ったんですがこっからが地獄でした。61番ゲートの方角へ走るのですが電光掲示板を見ると

「61番まで210m」

は????? この感じで66番まで走らされんの???

幸い一部の箇所には歩く歩道があったのですがそこも走りながら向かったのでリアルに1km以上12kgの荷物持ったまま走りました。一番キレそうになったのは65番→66番のところが異常になががったことですね。そんな漫画みたいな展開いらんっつーの。

 

そんなこんなでなんとか乗車でき無事に富山に帰ることが出来ました。KCは「寿命2年縮んだ」とか言ってましたが僕は日頃の運動不足が解消されたので「寿命2年延びたわ」と返しました。
以上で今回のGP&CSレポートを終わろうと思います。長かったですが最後まで見ていただきありがとうございました。

追記:ゆりちゃんへ。GPのメメント全部渡してあるのでこの記事見次第家に持ってきてください。こもがに郵送しないといけない分もあるので急ぎ目で。後ブログ読みました。個人的には面白かったですが「プレイ時間=結果に反映されない」みたいなこと言ってる人が練習期間3日だったら叩かれても文句言えないと思います。ただお願いですから引退はしないでください。君が引退したら僕とこもがで君のブログ叩いた人全員〇しに行くと思います。頼みます。

3 Comments

現在コメントは受け付けておりません。