CSダイアリーblog 赤白青バスター【デュエマ】

flat-です。工房メンバーのKC(ゆりちゃん)がおやつCSのチーム戦で優勝したのでその際使用したバスターの紹介になります。

デッキ製作者:MGR
戦績:おやつCS優勝(チーム戦)

デッキリスト
熱湯グレンニャー×4
異端流しオニカマス×4
ゼノシャーク/クリスタルメモリー×3
レティーシャ×1
ドンドン吸い込むナウ×4
龍装者バルチュリス×3
勝利のアパッチウララー×1
龍装チュリス×4
GWD×3
ライデン×1
メメント守神宮×4
ゼンメツスクラッパー×2
単騎連射マグナム×1
音精ラフルル×1
ドギラゴン剣×4

 

超次元
勝利のガイアールカイザー
勝利のリュウセイカイザー
勝利のプリンプリン
エイリアン・ファーザー<一曲いかが?>
激相撲!ツッパリキシ
セイントアヴェマリア
アクアアタック<BAGOOONパンツァー>
鬼流院 刃



というわけでゼノシャーク搭載型のラッカ剣です。ラッカで構成する場合この構築が現状最安定です。調整する際の参考にしてください。

カード解説
熱湯グレンニャー×4
多色なのでドギラゴン剣で出せる。

場に出しても手札枚数が変わらない。

バルチュリスを出すのに必要なアタッカー。
バルチュリス型のバスターにおいてグレンニャーの優先度は相当高いです。今回も4投。

 

異端流しオニカマス×4
メタカード兼アタッカー。
減らす理由ひっとつもありません。4投。

 

ゼノシャーク/クリスタルメモリー×3
2コス獣→3コスゼノシャーク→4ターン目にゼノシャーク殴ればバルチュリスを回収でき、そのまま2コス獣の攻撃時にバルチュリスを場に出すことができます。

STのクリスタルメモリーもライデン回収できるので実質受け札として使用することも可能です。

他に実践的な手順としては2~3ターン目に2コス獣並べておいて4ターン目にクリスタルメモリー使用、バルチュリスをサーチする動き方。

ゼノシャーク場に出しても処理される可能性が高い場合はこういうプランをとることもあります。
呪文面とクリーチャー面、どっちを出すかは状況に応じて変わるので練習しましょう。

 

レティーシャ×1
勝利のアパッチウララー×1
バスターで出す用のカード。

 

ドンドン吸い込むナウ×4
メタカード飛ばしながらバルチュリスやバスターをサーチできるカード。受け札としても機能するので超優秀。

 

龍装者バルチュリス×3
ゼノシャークとの相性が神。龍装チュリスが殿堂入りしたら4投になると思います。

 

龍装チュリス×4
ゼノシャークがどうこう言ってますが結局3ターン目にこれ出してバスターチェンジすれば関係ないです。最強。

 

GWD×3
小型除去。チェンジザ相手にもミクセル除去として使用できるので安易に初手マナ置きしないように。

 

ライデン×1
ゼノシャークで持ってこれる受け札。メメント下だとライデン自身がブロッカーになるので【ライデンによるタップ+ライデン自身によるブロック】で2体止めれるのがハヤブサマルより優位な点。

 

メメント守神宮×4
赤青バスターにするか赤白青バスターにするかはこれを採用するかどうかで決まります。環境に応じて決めてください。赤青の場合は相手のメメント対策にジャックアルカディアス
入るのが最近のトレンドです。

 

ゼンメツスクラッパー×2
相手のメタカード対策。対象となるのは主にミクセル、オニカマス。後ジョーカーズの小型を焼ける点もGOODです。

 

単騎連射マグナム×1
音精ラフルル×1
この頭のおかしなハッピーセットをゼノシャークで回収できるのがこのデッキの強み。特にラフルルはサーチしたターン中にドギラゴン剣効果で場に出せるので相性かなり良いです。

 

ドギラゴン剣×4
切り札。頼むから殿堂しないでくれ。

 

おまけ:オボロカゲロウ不採用について。
ゼノシャークとオボロカゲロウは「必要なカードを持ってくるために使用する」という点で役割が被っていますので、クリスタルメモリーを内蔵しており汎用性の高いゼノシャークに入れ替わりました。

13 Comments

Bayan escort

Wonderful story …

Here are a number of unrelated information, nevertheless actually really worth taking a your time to visit this website

SEO-SA

Recent Blogroll …

You may take a second to take a look at the content material from this sites we’ve linked to on this post…

現在コメントは受け付けておりません。