赤白サンマックス概要

赤白サンマックス概要

※本デッキリストは主要カードを元に作成したもので、大会等での実績を保証しておりません

デッキ概要

序盤に《音奏 プーンギ》、《イオの伝道師ガガ・パックン》らで動きを止めながらGRクリーチャーを並べていき、最後は《MANGANO-CASTLE!》から捲れた3コスクリーチャーに《S級原始 サンマックス》に侵略。過剰打点での押し込みを狙う。

《音奏 プーンギ》を使える都合、呪文主体のデッキには強い。反面赤単ほどの速度はないため、《虹速 ザ・ヴェルデ》や《DROROOON・バックラスター》といった除去が間に合うケースがある。



デッキリスト

メインデッキ
4 x ナゾの光・リリアング
4 x 音奏 プーンギ
4 x 奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ
4 x KAMASE-BURN!
3 x 瞬閃と疾駆と双撃の決断
4 x ♪銀河の裁きに勝てるもの無し
4 x 超次元サプライズ・ホール
3 x S級原始 サンマックス
1 x S級原始 サンマッド
4 x MANGANO-CASTLE!
4 x “閃忍勝” 威斬斗
1 x ”轟轟轟”ブランド

GRデッキ
2 x アネモⅢ
2 x スカップⅢ
2 x ワイラビⅣ
2 x 鋼ド級 ダテンクウェールB
2 x グッドルッキン・ブラボー
2 x ドドド・ドーピードープ

デッキ解説・補足

・赤白については種類が多い。《一番隊 クリスタ》、《音奏 シャンタン》、《奇石 タスリク》を使用したメタリカ軸の他、《BAKUOOON・ミッツァイル》を使う型、《S級原始 サンマックス》ではなく《音奏 アサラト》+《“魔神轟怒”ブランド》等の火のGRクリーチャーを使う型もある。

・《“閃忍勝” 威斬斗》は赤青ジョーカーズの《トムのゼリー》や《オケ狭間 寛兵衛》といったブロッカーの他、《全能ゼンノー》までまとめて処理出来るので優秀。ただし《“轟轟轟”ブランド》とは違って自身が打点を生み出す訳ではないため、手札一枚までの作り方と打点の組み方についてはよく考えてプレイすることが求められる。

・呪文メタクリーチャーが多いため、赤青ジョーカーズやカリヤドネには強く出られる。また先攻であればシータのブーストも咎めることが出来るため、環境上でのデッキの立ち位置は良い。



想定される主な対面について

・対赤青
基本的には有利。《音奏 プーンギ》を立てることで相手の動きを大きく制限出来る。相手が《オケ狭間 寛兵衛》等のクリーチャーを展開してきた場合は《“閃忍勝” 威斬斗》が強力。ただしゲームが長引くと《オケ狭間 寛兵衛》2体から《夢のジョー星》で《BAKUOOON・ミッツァイル》まで到達してしまうため、早めに勝ちきりたいところ。

・対シータ
先攻の《音奏 プーンギ》は強力だか、シータ側にも《霞み妖精ジャスミン》というクリーチャーマナ加速や《DROROOON・バックラスター》、《バングリッドX7》といった反撃の手段がある。一度盤面を空にされると《スゴ腕プロジューサー》等の防御手段を突破するのが非常に難しい。相性的には五分といったところ。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。