【デュエマ・オリジナル】環境デッキTierランキング 2021/01/11~

※本Tierランキングは各種アーキタイプの強さ、流行度を総合的に判断して作成しております。また地域によって流行に違いが生じる場合があります

アドバンス環境はこちらからどうぞ。

カードの購入は是非ネットショップもご利用ください。

基本的に毎週1回更新予定です。



【オリジナル環境】メタゲーム

オリジナル開始から王来篇発売前夜まで

・1月1日より新レギュレーションである「オリジナル」がスタート。このフォーマットでは《天災 デドダム》の他に《ブレイン・タッチ》のプロモが配られることもあって、スタートから数多くのCSが開催されることとなった。

・本フォーマットは、零龍などの外部カードの他、超GRゾーンや超次元ゾーンが使用出来ず、40枚のデッキで戦うことになっている。

・主にリモートで行われていたこれまでの大会だと【ジョラゴンジョーカーズ】や【青黒カリヤドネ】といったデッキが強かったものの、両者はメインカードが殿堂によって弱体化。そのため、以降の非公認大会では専ら【青魔導具】を中心にメタゲームが展開されていた。

・蓋を開けた初週、環境を制したのは【黒単デスザーク】【アナカラーダムド】という従来のコントロールデッキであった。

・本プールは双極篇までのカードで戦うという意味合いが強く、【ジョラゴンジョーカーズ】、【チェンジザダンテ】、【赤白轟轟轟】とともに双極篇の四強だった【黒単デスザーク】の活躍は、妥当と言えるだろう。また《絶望と反魂と滅殺の決断》という超天篇のカードによってデッキが強化された点も大きかった。

・【アナカラーダムド】は、超天篇で登場したデッキだったがGRゾーンに頼らないのが特徴だった。《無修羅デジルムカデ》こそ使えないものの、《轟く革命 レッドギラゾーン》によるフィニッシュ性能は未だ高く、またデスザークと同じく本環境最強カードの1つと言える《絶望と反魂と滅殺の決断》を使用できるのも強みと言える。

・【青魔導具】はあらゆる環境デッキから敵視され、ガードが堅くなっているのがいまひとつ結果に繋がらなかった原因だろう。ただ以前強力なデッキであることには変わりなく、今後のメタゲーム次第では、台頭の可能性は存分にあると言える。

・十王篇のカード群はオリジナルによってパワー不足がより顕著に露呈してしまったとも言える。十王篇自慢の【青白ギャラクシールド】は《凄惨なる牙 パラノーマル》の殿堂が致命的で、またデッキの性質上ビッグマナ系統や除去コントロールに弱いのが大きなマイナスとなっている。

・【赤黒邪王門】は、《「貪」の鬼 バクロ法師》を使用したアグロ型や、《蒼き守護神 ドギラゴン閃》と組み合わせた形が考案されている。こちらは、アドバンスと遜色なく使用することが可能。

・【白単絶十】はGRゾーンを使えないものの、《煌メク聖戦 絶十》からの《偽りの王 ナンバーナイン》や《煌龍 サッヴァーク》の着地は強力なことには変わりなく、環境で一定の存在感を見せている。

・その他【5c蒼龍】や【アナカラーシャコガイル】といったビッグマナも健在。ただこれらのデッキは【黒単デスザーク】の《追憶人形ラビリピト》や《卍月 ガ・リュザーク 卍》が重く、使用にあたっては工夫が必要になるだろう。

・コントロールデッキが環境の大半を占める中で、《超音速 レッドゾーンNeo》を使用した【赤単アグロ】(制作者は赤単e-sportsと呼んでいたが)が結果を残した。アグロデッキの環境入りは、今後の環境に与える影響が少なくないと思われる。

・一方で殿堂で制限を受けた【青黒カリヤドネ】が未だ強力という情報もある。入賞報告もあり。今後の活躍次第では、環境が大きく変わるかもしれない。また零龍を失っているものの【オカルトアンダケイン】もチラホラ目撃情報あり。

・今後も新しいデッキが登場するかと思われた最中、公認CSが中止に。幸いこのフォーマットはリモート発祥ということもあり、各地でリモートCSが開催されていくことになると思われるが……。

・直近のリモートCSを中心にTierランキングを更新。大きな目玉は【赤青エクス】という赤青基盤のデッキに《ボルシャック・サイバーエクス》、《蒼き守護神 ドギラゴン閃》を載せたビートデッキ。エクスの除去が優秀で、全体的に完成度の高いデッキとなっている。制作者はみれう選手。まーたお前か。

・リモートCSの結果という点で言えば、アナダムドは相変わらず健在だが、青と黒の二種の魔導具系統のデッキは後退気味。CS再開後だと間違いなく強いデッキだと思うので、今後に期待。

・リモートCSでオリジナル環境の大会は続いていたが、一部地域を除きいよいよオフラインのCSが再開。《ブレイン・タッチ》の需要もあり、初週から盛んに行われた。

・中断期間中に登場し、注目されていた【ゼロルピアループ】が初週から結果を残した。

・また従来より強かった【アナカラーダムド】【赤青エクス】、そしてリモートではあまり結果を出していなかったものの有力なデッキだった【黒単デスザーク】も活躍。

・環境はしばらく上位デッキによる均衡が続くか。CSも増えてくるので、今後の環境の移り変わりにも注目したい。

・4月下旬の新弾発売以降、オリジナル環境は大きく変化した。

・アドバンスでも環境トップの一角である【5cコントロール】は、《最終龍覇 グレンモルト》を失ったものの《聖魔連結王 ドルファディロム》が強力で環境上位に君臨。特に先攻で《フェアリー・ミラクル》から入った際の動きは非常に強力で、ビートを《龍風混成 ザーディクリカ》で蓋してしまうと、かなり有利にゲームを展開出来る。ちなみに同型は虚無。

・同じく新弾で登場したレクスターズは、優秀な小型クリーチャーと展開力、除去耐性を有していた。特に《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》の展開力は強力で、【ラッカ鬼羅Star】が登場早々に結果を残す格好となった。

・昨年から地道な活躍を続ける【赤青ノヴァ】は、《大爆龍 ダイナボルト》の登場で《蒼き守護神 ドギラゴン閃》までのルートが多様になった。特に一人で《龍装者 バルチュリス》を呼び出せるため、2回目の攻撃で《ボルシャック・サイバーエクス》にチェンジして邪魔なメタカードなどを退けてから、バルチュリス→ノヴァというような動きも取れるように。

・また長らく【赤黒バスター】の愛用者としてお馴染みだったマイケル選手によって新規の【赤白ノヴァ】が開発され、こちらも瞬く間に環境に流入。こちらは白の豊富なメタカードを始め、《チャラ・ルピア》の軽減を使った爆発力が非常に高い。やはりこの男の作るバスターは、強い。

・一方でアドバンス環境で活躍をみせていた【4cヴァイカー】の亜種とも言えるような【4cハキリ鬼羅Star】も登場。こちらは《Disカルセ・ドニー》からの展開力や、何より《葉鳴妖精ハキリ》が動けたときのリターンが大きく、CSでも結果を残している。

・総じて、環境上位は「5c」「ドギラゴン」「レクスターズ(鬼羅Star)」の3つのデッキによって定義されているだろう。そこに対して【アナカラーデッドダムド】や【ゼロルピアジョー星】、【青魔導具】といったデッキが対抗している形となっている。



Tier1

Tier1:環境の基準となるデッキ。総じて強力で、飛び抜けた主張点を持っている。

【5cコントロール】のサンプルリストと概要

4 x フェアリー・ミラクル
4 x 天災 デドダム
4 x ドンドン火噴くナウ
4 x 襲来、鬼札王国!
1 x メガ・マナロック・ドラゴン
3 x 悪魔龍 ダークマスターズ
4 x 天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー
3 x 怒流牙 サイゾウミスト
4 x 龍風混成 ザーディクリカ
2 x テック団の波壊Go!
3 x 聖魔連結王 ドルファディロム
2 x 界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ
1 x 黒豆だんしゃく/白米男しゃく
1 x 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン

【5cコントロール】は《聖魔連結王 ドルファディロム》の登場などでオリジナル環境でも上位に君臨している。元のデッキの人気も合わさって、CSではもっぱら最大母数となることも多々。

オリジナルでは《最終龍覇 グレンモルト》が不在の分、《龍風混成 ザーディクリカ》などで盤石の盤面を築き、《聖魔連結王 ドルファディロム》を添えて殴り切る構築が多め。同型で役に立つ《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》を採用している型もちらほら。

またの採用カードの幅が広いため、《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~》などでリソースを稼ぐような構築も可能。

環境的にはビート系が多いので、防御札の枚数はそれなりに求められる。

【4cハキリ鬼羅Star】のサンプルリストと概要

3 x 奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ
4 x 葉鳴妖精ハキリ
4 x 異端流し オニカマス
2 x 虚∞龍 ゲンムエンペラー
1 x モモスター ケントナーク
4 x ネ申・マニフェスト
4 x 天災 デドダム
4 x 阿修羅ムカデ〈デスシラズ.Star〉
4 x Disカルセ・ドニー
3 x 奇天烈 シャッフ
2 x 絶望と反魂と滅殺の決断
4 x 「正義星帝」〈鬼羅.Star〉
1 x 生命と大地と轟破の決断

【4cハキリ鬼羅Star】は「レクスターズ+4cヴァイカー」といったデッキ。

優秀な小型レクスターズに加え、《Disカルセ・ドニー》や《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》の展開が異次元。また一度除去されても、《阿修羅ムカデ <デスシラズ.Star>》の蘇生も

また当然《生命と大地と轟破の決断》も非常に強力で、引ければ0から5~6面展開することもザラ。

その他、同型対策では《リツイーギョ #桜 #満開》なども有力。枠に余裕があるわけでは決してないが、豊富なカラーを生かして環境に柔軟に対応することは出来るだろう。

【ラッカ鬼羅Star】のサンプルリストと概要

4 x 奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ
4 x 異端流し オニカマス
2 x モエル・モヒッチ
3 x 「正義星帝」
4 x その子供、可憐につき
4 x ネ申・マニフェスト
4 x カダブランプー
4 x エヴォ・ルピア
4 x 奇天烈 シャッフ
3 x マニフェスト 〈マルコ.Star〉
4 x 「正義星帝」〈鬼羅.Star〉

【ラッカ鬼羅Star】は《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》の爆発力をフルに生かしたレクスターズデッキ。

小型の優秀なメタカードでゲームを作り、《エヴォ・ルピア》からの《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》の着地を目指していく。

《マニフェスト〈マルコ.Star〉》のお陰で、ドローにも困らないのが大きな利点。

豊富な手札から繰り出される《カダブランプー》による連続攻撃やお馴染み《奇天烈 シャッフ》、《その子供、可憐につき》による蓋性能など、フィニッシュは総じて強力である。

【赤白ノヴァ/赤青ノヴァ】のサンプルリストと概要

4 x 奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ
4 x チャラ・ルピア
4 x モエル・モヒッチ
3 x 大爆龍 ダイナボルト
4 x “龍装”チュリス
4 x 龍装者 バルチュリス
4 x 鳳翔竜機ワルキューレ・ルピア
4 x ボルシャック・サイバーエクス
1 x 蒼き団長 ドギラゴン剣
4 x 蒼き守護神 ドギラゴン閃
4 x 閃光の守護者ホーリー

4 x 異端流し オニカマス
4 x 隠れ潜む者 シードラン
3 x 熱湯グレンニャー
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x 麗泳者 マツバメモノ
4 x 大爆龍 ダイナボルト
4 x “龍装”チュリス
4 x 龍装者 バルチュリス
4 x ボルシャック・サイバーエクス
1 x 蒼き団長 ドギラゴン剣
4 x 蒼き守護神 ドギラゴン閃

【赤白ノヴァ/赤青ノヴァ】は《蒼き守護神 ドギラゴン閃》をフィニッシャーとしたドギラゴン系のデッキ。元々《ボルシャック・サイバーエクス》が強力で、これまでドギラゴン系のデッキが苦戦してきたメタカードを乗り越える力を持っていた。

新弾によって《大爆龍 ダイナボルト》を獲得したことで、更に爆発力がアップ。

特に【赤白ノヴァ】は《チャラ・ルピア》の軽減からのドラゴン複数体召喚を充分狙えるデッキで、展開力も申し分ない。

どちらを使用するかはそれぞれ好みが分かれるところだろうが、《蒼き守護神 ドギラゴン閃》を真っ直ぐに狙うのであれば【赤白ノヴァ】の方がわかりやすく爆発力も高めか。また《ジャミング・チャフ》を自然と採用出来ていることによる呪文封殺も魅力と言える。

 

Tier2

Tier2:特定のTier1デッキに対しては有利だったり、或いは逆にTier3以降のデッキに総じて有利だがTier1に対して不利だったりするデッキ。

【アナカラーダムド】のサンプルリストと概要

3 x リツイーギョ #桜 #満開
4 x フェアリー・Re:ライフ
4 x フェアリー・ライフ
4 x 天災 デドダム
3 x 解体人形ジェニー
3 x 虹速 ザ・ヴェルデ
3 x 奇天烈 シャッフ
3 x ウマキン☆プロジェクト
3 x 絶望と反魂と滅殺の決断
1 x 復讐 ブラックサイコ
1 x 生命と大地と轟破の決断
1 x 禁断機関 VV-8
3 x 轟く革命 レッドギラゾーン
4 x SSS級天災 デッドダムド

※デッキの解説についてはこちらも参照

こちらも長らく活躍しつづけるお馴染みのミッドレンジ/パーミッションデッキ。

オリジナル環境的には、現在メタカードとして有用なのは《とこしえの超人》よりも《リツイーギョ #桜 #満開》であるため、こちらを採用している。

ただどうしても一度攻め込まれると弱いため、レクスターズ系やドギラゴン系のデッキに走られると脆さを露呈してしまうことに。特にスター進化は除去に複数枚の《SSS級天災 デッドダムド》を要求してくるため、条件はそれなりに厳しい。

さらにオリジナルでは《無修羅デジルムカデ》が存在しないため、盤面に蓋をすることも難しくなっている。

基本的には《轟く革命 レッドギラゾーン》を着地させ、そこを起点に攻めていくこととなるか。

元々自力の高いデッキではあるため、環境のちょっとした変化で再び台頭する可能性は充分にあるだろう。

【ゼロルピアループ】のサンプルリストと概要

1 x 学校男
1 x 困惑の影トラブル・アルケミスト
1 x 堕魔 ドゥポイズ
3 x 福腹人形コダマンマ
4 x 異端流し オニカマス
3 x 【問2】 ノロン⤴
3 x 戯具 ドゥゲンダ
4 x 戦略のD・Hアツト
4 x 希望のジョー星
4 x ゼロ・ルピア
1 x ゼロの裏技ニヤリー・ゲット
4 x 罪無 ウォダラ垓
3 x 罪無 ジョイダム垓
1 x ジョルジュ・バタイユ
1 x 無量大龍 トゥリナーツァッチ
2 x ∞龍 ゲンムエンペラー

【ゼロルピアループ】(ゼロルピアジョー星)は、全カードをゼロ文明化する《希望のジョー星》と、ゼロ文明を2軽減出来る《ゼロ・ルピア》を組み合わせたコンボデッキ。デッキ名で「ループ」と呼ばれることが多いが、実際のところループかと言われると微妙。

《ゼロ・ルピア》の軽減はよくある「ただしコストは1以下にはならない」といった記載がないため(文明の支払いをしなくていいので)、ゼロ文明化した《戦略のD・H アツト》などは0マナで出せるし、《罪無 ウォダラ垓》なども盤面さえ捻れば0マナでムゲンクライムが可能。

フィニッシュは特殊勝利条件を持つ《無量大龍 トゥリナーツァッチ》などが使用されるケースが多いが、《∞龍 ゲンムエンペラー》で殴り倒すことも可能。

現状だと《リツイーギョ #桜 #満開》を始め、《とこしえの超人》も含めたメタカードには弱いため、やや向かい風と言えるだろうか。

【青魔導具】のサンプルリストと概要

2 x 堕呪 ゾメンザン
2 x 堕呪 ウキドゥ
4 x 堕呪 ギャプドゥ
4 x 堕呪 ゴンパドゥ
4 x 堕呪 バレッドゥ
4 x 卍 新世壊 卍
4 x 堕呪 カージグリ
4 x ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ
2 x 堕呪 エアヴォ
4 x 凶鬼卍号 メラヴォルガル
2 x 卍 ギ・ルーギリン 卍/卍獄ブレイン
1 x 卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺
3 x 月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍

未だデッキ選択の候補となり続けている【青魔導具】はもはや老舗の類い。

現環境においては【5cコントロール】に強いのが大きな利点だろうか。特に多少のトリガーであれば《卍 新世壊 卍》の2枚張りで充分すぎるほど対応可能。

オリジナルでは《MEGATOON・ドッカンデイヤー》こそないものの、環境的に《卍月 ガ・リュザーク 卍》が強いか。

直近ではそれなりに殴るデッキも多いため、《終末の時計 ザ・クロック》なども採用圏内となる。

デッキが比較的安価で組めるのも利点で、「まあ、とりあえず持っておくか」という感覚で所持しておくのも可。

 

Tier3

Tier3:ポテンシャルは高いが、環境上での立ち位置がよくないデッキ。或いは直近で台頭し、これから上位を伺うデッキ。

and more……

 





カードの購入・予約はこちらから

・【BOX】デュエル・マスターズTCG 王来篇拡張パック第1弾 王星伝説超動 [DMRP-17]

トレカ(デュエルマスターズ)【BOX】デュエル・マスターズTCG 王来篇拡張パック第1弾 王星伝説超動 [DMRP-17]

・デュエル・マスターズTCG 王来篇拡張パック第1弾 王星伝説超動 [DMRP-17] [1カートン]

トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG 王来篇拡張パック第1弾 王星伝説超動 [DMRP-17] [1カートン]

・【BOX】デュエル・マスターズTCG 弩闘×十王超ファイナルウォーズ!!! [DMEX-14]

トレカ(デュエルマスターズ)【BOX】デュエル・マスターズTCG 弩闘×十王超ファイナルウォーズ!!! [DMEX-14]

・デュエル・マスターズTCG 弩闘×十王超ファイナルウォーズ!!! [DMEX-14] [1カートン]

トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG 弩闘×十王超ファイナルウォーズ!!! [DMEX-14] [1カートン]

・【BOX】デュエル・マスターズTCG 十王篇 拡張パック第4弾 百王×邪王 鬼レヴォリューション!!! [DMRP-16]

トレカ(デュエルマスターズ)【BOX】デュエル・マスターズTCG 十王篇 拡張パック第4弾 百王×邪王 鬼レヴォリューション!!! [DMRP-16]

・デュエル・マスターズTCG 十王篇 拡張パック第4弾 百王×邪王 鬼レヴォリューション!!! [DMRP-16] [1カートン]

トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG 十王篇 拡張パック第4弾 百王×邪王 鬼レヴォリューション!!! [DMRP-16] [1カートン]

・デュエル・マスターズTCG レジェンドスーパーデッキ 蒼龍革命

トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG レジェンドスーパーデッキ 蒼龍革命 [DMBD-15]