青黒カリヤドネ概要

青黒カリヤドネ概要

※本デッキリストは主要カードを元に作成したもので、大会等での実績を保証しておりません

デッキ概要

序盤から《ブラッディ・クロス》、《ブラッディ・タイフーン》等のカードを使い墓地に呪文を溜め、《魔導管理室 カリヤドネ》の着地を目指す。《「大当たり!もう一本!!」》の状態で《魔導管理室 カリヤドネ》を召喚することで《ブラッディ・クロス》を無限に撃つループが成立する。自身は《魔導管理室 カリヤドネ》の効果で山札が回復するため、相手を一方的にLO(ライブラリアウト)させることが出来る。カリヤドネを召喚するためのマナは《セイレーン・コンチェルト》によって捻出する。

カリヤドネの着地速度は4~5ターン目。そこまでのターンを《「本日のラッキーナンバー!」》で繋ぐ。またコンチェルトが盾落ちした場合や完全ループに失敗しても、《「大当たり!もう一本!!」》+《次元の嵐 スコーラー》によって追加2ターンを獲得し、《「本日のラッキーナンバー!」》を唱えてのビートプランへの移行が可能。



デッキリスト

メインデッキ
4 x ブラッディ・クロス
4 x ア・ストラ・センサー
1 x セイレーン・コンチェルト
1 x 「世界をつなぐ柱」の天罰
4 x エマージェンシー・タイフーン
1 x スパイラル・ゲート
4 x ブラッディ・タイフーン
1 x レスキュー・タイム
4 x 知識と流転と時空の決断
4 x 機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」
2 x 凶鬼90号 ゾレーゴ/「大当たり!もう一本!!」
4 x 龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢
2 x 次元の嵐 スコーラー
4 x 魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル

GRデッキ
2 x バツトラの父
2 x サツイ 丙-一式
2 x 甲殻 TS‐10
2 x 全能ゼンノー
2 x 白皇世の意志 御嶺
2 x モック・ザメシュ

デッキ解説・補足

・初出はGP9th。このデッキを使用したイヌ科が優勝、よしゆきが3位と大戦果を上げ、それぞれ全国大会への出場を決めた。特に決勝でイヌ科が「勝者の引きなら俺も勝者!」の名言と共に繰り出した《知識と流転と時空の決断》2枚トリガーの様子は、カバレージによって克明に記録されている

・ループはひと手順が比較的長い。以下にループ手順を記載するので、CSで使用する場合は実際にカードを並べて確認して欲しい。

条件:
カリヤドネが1マナで召喚可、《「大当たり!もう一本!!」》がトリガー中。山札が4枚。
墓地に《ブラッディ・タイフーン》が2枚(うち1枚は山札にあれば問題なし)、《ブラッディ・クロス》、《エマージェンシー・タイフーン》のどちらかが2枚(うち1枚は山札にあれば問題なし、また片方は1枚で可)。《セイレーン・コンチェルト》、《「大当たり!もう一本!!」》、《スパイラル・ゲート》(or《レスキュー・タイム》等の自身をバウンスする呪文)がそれぞれ1枚ずつ。

①カリヤドネを召喚し、《セイレーン・コンチェルト》、《ブラッディ・クロス》、《エマージェンシー・タイフーン》を宣言。エマタイは1ドローで引いたカードを捨てる。クロス、エマタイは2枚ある方をボトムに置く。
②大当たり効果で《「大当たり!もう一本!!」》、《スパイラル・ゲート》、《ブラッディ・タイフーン》。ゲートでカリヤドネを手札に戻し、ブラタイでコンチェルトを回収。
③コンチェルトを唱える。
④この時点で山札の順序がクロスorエマタイ、大当たり、ゲート、ブラタイの順序になり、墓地にはコンチェルト、クロス、エマタイ、ブラタイがある状態となる。カリヤドネを召喚し、①へ戻る。

・仮にループに失敗するorコンチェルトが盾落ちした場合でも、《次元の嵐 スコーラー》でケアが可能なのもこのデッキの強みと言える。

・採用カード候補としては《ストリーミング・シェイパー》等。色配分は意識する必要があるが、3コスト以下の呪文であれば比較的柔軟に採用できる。また同型対策として、GRゾーン《ポクタマたま》を入れる場合もある。



想定される主な対面について

・対赤青
速度勝負になる。相手の3ターンチェインはおおよそ割り切り。そうでなければ墓地を溜めてかたの《「本日のラッキーナンバー!」》が間に合う。宣言は基本的には「3」。展開されてしまった場合は「9」となる。

・対シータ
《「本日のラッキーナンバー!」》が間に合うため有利。「4」宣言で動きはほぼ止まる。逆にシータ側ラッキーナンバーを使う場合、墓地が溜まっていなければ「3」、溜まっている状態だと「14」を宣言することになる。

 

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。