【デッキ概要】旅路バーンメア概要

※本デッキリストは主要カードを元に作成したもので、大会等での実績を保証しておりません

デッキ概要

【シータバーンメア】【旅路ジョラゴン】がグレート合体した姿。

バーンメアの持つ展開力と、ジョラゴンが本来有している破壊力・突破力が合わさった主人公感あるデッキ、そんな気がする。

ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜 SR 無色 (8)
クリーチャー:ジョーカーズ・ドラゴン 10000

・革命チェンジ:コスト5以上のジョーカーズ(自分のコスト5以上のジョーカーズが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
・Wブレイカー
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。こうして捨てたカードがジョーカーズなら、そのカードの「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。
・相手は、自身の各ターンに1枚しか呪文を唱えられない。

バーンメア・ザ・シルバー SR 火文明 (6)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 6000

・Wブレイカー
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚を2回する。このターン、それらのGRクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。

/
オラオラ・スラッシュ SR 自然文明 (3)
呪文

・Sトリガー
・次の自分のターンのはじめまで、相手のクリーチャーが攻撃する時、可能ならクリーチャーを攻撃する。

基本的には序盤をブースト等で繋ぎ、《グレープ・ダール》や《バーンメア・ザ・シルバー》の着地を目指す。

バーンメアや旅路を絡めてGRクリーチャーを展開しつつ、大量の打点と《ジェイ-SHOCKER》でフィニッシュを目指す。

仮に耐えられたとしても、《アイアン・マンハッタン》のクリーチャーロックや旅路の呪文ロックが生きるので、逆転される展開も防いでいる。

また構築によっては《あたりポンの助》などでトリガーをケアするパターンもある。



デッキリスト

メインデッキ
4 x ジョラゴン・オーバーロード
4 x オラオラ・ジョーカーズ
2 x イッコダス・ケイジ/種デスティニー
3 x ホアート・サケビーJr.
4 x グレープ・ダール
4 x ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート
4 x バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ
2 x ジョット・ガン・ジョラゴン
4 x キング・ザ・スロットン7/7777777
4 x ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜
2 x バイナラドア
3 x アイアン・マンハッタン

GRデッキ
2 x ジェイ-SHOCKER
2 x 全能ゼンノー
2 x せんすいカンちゃん
2 x 無限合体 ダンダルダBB
2 x The ジョラゴン・ガンマスター
2 x The ジョギラゴン・アバレガン

デッキ解説・補足

・【シータバーンメア】と【旅路ジョラゴン】をグレート合体させたようなデッキ。多分ジョラゴンの方が1号ロボで、バーンメアが必殺武器になってる。

・基盤はどちらかというとバーンメア。そこに旅路ジョラゴンの強いところを載せた感じになっている。

・バーンメアとの最大の違いは、《グレープ・ダール》絡みの出力と安定感。特にバーンメアは「バーンメアを引けないと厳しい」という状況がしばしば発生したが、このデッキは旅路の存在でそれを補っている。また、ダールを革命チェンジ出来るのも美味しい。

・ジョラゴンとの違いは速度とパワー。特に序盤の盤面を省略しながら、フィニッシュが5マナから見えるようになったのは大きい。

・《ホアート・サケビーJr.》はブーストと破壊を兼ねた有用なジョーカーズ。とくに相手の厄介なメタクリを破壊しやすいのがプラス。

・他の採用候補カードとしては《あたりポンの助》など。基本的に出したときに強力な効果を持っているジョーカーズならば、全て採用圏内になり得る。今後の強化が期待できる点もプラス。