【デッキ紹介】マニフェスト達成のために ~極めて政治的なデュエランドの話

こんにちは、神結です。

 

ダイナボルトで登場する《キング・マニフェスト》。(ダイナボルトの新カードはこちら

バズるためには政治的なツイートが一番! という公式からのメッセージかは定かではありませんが、その効果をもう一度振り返っておきましょう。

キング・マニフェスト 青/緑 (7)
クリーチャー:トリックス/チームウェイブ 11000

・バズレンダ3
自分の山札をシャッフルし、上から1枚を表向きにする。それがクリーチャーなら、コストを支払わずに召喚してもよい。呪文ならコストを支払わずに唱えてもよい。
・マッハファイター
・Wブレイカー

重要なところは「クリーチャーならコストを支払わずに召喚」という点です。

青と緑、召喚。

はい、今日のテーマはもうお分かりですね。

《夢の変形 デュエランド》です。

  • このクリーチャーが召喚されてバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から7枚を墓地に置く。その中から、コスト7以下の水のカードを好きな数、コストを支払わずに使ってもよい。こうして7枚すべてを使った場合、自分はゲームに勝つ。
  • このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の墓地のカードをすべて山札に加えてシャッフルする。

というわけで今回は、デュエランドの原型を残しつつ、マニフェストで直接デュエランドを捲ることも視野に入れながら新時代のデュエランドを作ってみましょう。



デュエランドというデッキについて

デュエランドは《怒流牙 佐助の超人》、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》や《英雄奥義 スパイラル・ハリケーン》などの水のカードで攻撃を耐えつつ、《イッツ・ショータイム》から《夢の変形 デュエランド》を出して特殊勝利を狙うというデッキになります。

デュエランドは先述の通りコスト7以下の水カードを使い切ることが勝利条件であるため、必然的にほぼコスト7以下の水のカードのみでデッキが構成されます。

その性質上、強力な受けを持っているためミッドレンジ帯のビートデッキには強く、反対に妨害手段に乏しいデッキであるためループには弱い、という相性が非常にハッキリとしたデッキとなっております。

陰キャデッキみたいな扱いをされることもありますが、相手のメインウエポンに真っ向勝負を挑み、搦め手には潔く降参するという漢気溢れるデッキなのではないかと勝手に思っています。

 

デッキリスト

・《守護と偶然の象徴》→《護天!銀河MAX》 青と白のトリガーで盾を仕込めるカード。3はちょっと多いかも
・《裏切りのペッパーシウバ》→《キング・マニフェスト》 主役じゃないですけど主役です。
・GRは深くは考察してないんですけど、青のドロー系とクリスマⅢを入れる感じになります。

というわけで青緑に白の要素を結構大きく取ったデュエランドになります。

ちなみに先攻最速4キルです。

アナリス絡めてナウオアマニフェストでデュエランド捲って勝ちですね。これ、なんとあの環境破壊魔であるデイヤーループと同速です。ナウオアループもカリヤドネもわからせていきましょう。

……と、この点をあまり強調すると「誇大広告」として消費者庁から指導を受けかねないのでこの辺にしておきます。

基本的には受けきるデッキなんですけど、《ナウ・オア・ネバー》を軸に受ける感じですね。《英雄奥義 スパイラル・ハリケーン》も《怒流牙 佐助の超人》もぶっこ抜きました。デッキを作るときは、とりあえず大雑把に作っておくべきなんですよ。

今回採用している防御ギミックとしては、ナウオアから《キング・マニフェスト》を出し入れすることによってカードを捲って受ける感じですね。《キング・マニフェスト》でワンチャン捲ることも考えて、デュエランド本体も2枚採用しています。

ちなみにマニフェストでダイスを捲るのだけはハズレです。割り切るか、気になる人は思いきって抜きましょう。デッキとはそうやって作っていくものなのです。

ところで一度提示したマニフェストを出して引っ込めるのって、なんだか現代政治っぽいですよね。極めて政治的なデッキになってしまいましたね。

他の採用候補カード

今回は何一つ環境を鑑みた構築にしていない(そもそもダイナボルトが発売される頃には新殿堂が発表されているのではと予想している)ので、この原型から戦えるように好きに弄っていく感じになると思います。

《護天!銀河MAX》は多分3枚要らないし、もしかしたらマッハファイターを出せるブルホワの方が環境には合うかもしれません。そして《キング・マニフェスト》も4枚は過剰かもしれないです。

空いた枠に入りそうなのは順当に《英雄奥義 スパイラル・ハリケーン》や《クリスタル・メモリー》の増量、《パクリオ》などの便利カードの投入、殿堂カードの《超次元ガロウズ・ホール》(ちなみに採用しない場合でも超次元は置き得です。次元がないとガロウズ採用していないことがバレるので)、そして除去の嵩増しとしては白も採用しているため《魂と記憶の盾》なんかも採用圏内になります。

どれも一長一短ではあるため、環境との相談になるでしょう。

そもそもこの手のデッキで「相手のデッキに合わせて(具体的に言えばアグロデッキがどのような攻撃方法を採り、それに対して最も安定した受けギミックが何かを判断した上で)作り替える」ことになるので、環境はよく知っておかねばなりません。例えばバイク環境だったらZにシールドを焼かれるので、護天MAXでの防御は頼りにならない、みたいな感じです。

ちなみに仮に現環境(大会はないけど)に持ち込んだとしてもデイヤーには勝てませんし、なんならナウオアループの下位デッキにすらなりかねません。

 

とはいえデュエランドのオタクとしては、一度でいいからマニフェストからデュエランド直出し特殊勝利の実績は達成してみたいところです。ちなみにナウオアから受けるという意味では仮にショータイムやデュエランドの2枚目を捲ってしまっても、他の6枚の呪文を撃てればなんとかなりそうな気がしています。



というわけで、今回は《キング・マニフェスト》を使ったデュエランドの紹介でした。

リモートでもそんなに嫌がられないデッキだと思うので、これを機にデュエランドの研究にも励んでみては如何でしょうか。

オマケ

ちなみにマニフェストで捲れるために最大値を狙って《夢の変形 デュエランド》を4枚入れた場合、7コスト以上のカードがショータイムも含めて5枚になるじゃないですか。

これ、単純計算すると7枚捲ったときに失敗する確率の方が高いんですよね。

3枚だとちょうど半々くらいの確率で、2枚だと7割弱くらい。

マニフェストで捲れる確率を考えると、まあ2枚が妥当なラインじゃないですかね。


トレカ(デュエルマスターズ)【BOX】デュエル・マスターズTCG 十王篇 拡張パック第2弾 爆皇×爆誕 ダイナボルト!!! [DMRP-14]

カートン購入の方はこちら

トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG 十王篇 拡張パック第2弾 爆皇×爆誕 ダイナボルト!!! [DMRP-14] [1カートン]