環境デッキTierランキング【殿堂】

※本Tierランキングは各種アーキタイプの強さ、流行度を総合的に判断して作成しております。また地域によって流行に違いが生じる場合があります

【殿堂環境】

・10/23に『必殺!! マキシマム・ザ・マスターパック』が発売。《“魔神轟怒”万軍投》、《全能ゼンノー》が登場したことで、『赤青ジョーカーズミッツァイル』という3ターンで超過打点を並べてEXターンを取ったり呪文を封殺してゲームを終わらせるデッキが登場。

・引き続き『シータミッツァイル』も猛威を振るっているが、相性的にはやや不利の『赤青ジョーカーズミッツァイル』に押され気味で、一歩後退。

・一方で複数の呪文メタカードを用いて『赤青ジョーカーズミッツァイル』と有利に戦える『赤白ミッツァイル』が台頭。フィニッシャーは《S級原始 サンマックス》だったり、《BAKUOOON・ミッツァイル》だったりと、様々な型が練られている模様。

・『赤単ブランド』は一歩後退。同等クラスの速度を持ち、除去やブロッカーまで採用出来る『赤青ジョーカーズミッツァイル』の登場、《奇石 ミクセル》を採用出来る『赤白ミッツァイル』の台頭で、これまでほど環境での通りが良くなくなった。

総じて『赤青ジョーカーズミッツァイル』が環境を定義していると言える。



環境デッキTierランキング(殿堂)

Tier1

Tier1:環境の基準となるデッキ。総じて強力で、飛び抜けた強さを持っている。

二種のミッツァイルを使用するデッキが絶賛環境を席巻中。赤青は最速3ターンで、シータは除去や妨害を挟みつつ、平均5ターンでミッツァイルをシュート。一度シュートが決まれば「ほぼ勝ち」といった状況まで持ち込めるため、これらに対しては如何にミッツァイルを召喚させないかが鍵となる。しかし前者は速度に、後者は優秀なGRクリーチャーに抗うのが難しく、有効な対策は《「本日のラッキーナンバー!」》くらいになってしまう。

それぞれのデッキの概要・リストは以下へ。

赤青ジョーカーズミッツァイル

シータミッツァイル

 

Tier2

Tier2:特定のTier1デッキに対して有利、或いはTier3以降のデッキに総じて有利だがTier1に対して不利なデッキ。

アグロ2種とGP9thを制したカリヤドネは未だ強力なデッキだ。『赤白サンマックス』は《音奏 プーンギ》、《イオの伝道師ガガ・パックン》といったカードが赤青のルーター呪文を止め、全体として有利に戦うことが可能だ。一方で《全能ゼンノー》に立たれると《MANGANO-CASTLE!》を上手く使えず、後続の打点が形成しにくい。

この弱点は一部『赤単ブランド』にも共通している。依然として強力なデッキであるものの、こちらは赤青の登場によってその立ち位置を下げた。

カリヤドネは依然としてシータに有利で強力なデッキではあるものの、使用難易度の高さや呪文・墓地メタに遅れをとってしまうことが敬遠されてか、使用率は思ったほど伸びてはいない。

赤白サンマックス

→赤単ブランド(更新予定)

青黒カリヤドネ

 

Tier3

Tier3:ポテンシャルは高いが、環境上での立ち位置がよくないデッキ。或いは直近で台頭してきたデッキ。

かつての環境の覇者と新興デッキが渦巻く地帯。

ジョラゴン、覇道はキーカードの殿堂以降は不安定さを脱却できておらず、デッドダムドというデッキでは現状コントロールを仕切れなくなった。ネイチャー系統はループとしての完成度が高いが、その構造上どうしても《「本日のラッキーナンバー!」》に弱い。

一方で直近で台頭してきたのが赤単バルガという爆発力を秘めたデッキと、青黒(白)ハンデスというコントロールデッキだ。前者は圧倒的な爆発力を秘めたデッキで、後者はハンデスが赤青に対して強く、《「本日のラッキーナンバー!」》+《Wave ウェイブ》を有用に使える。

→緑ジョラゴン(更新予定)

→青緑黒デッドダムド(更新予定)

→赤単バルガ(更新予定)

→緑単ネイチャー(更新予定)

→青黒(白)ハンデス(更新予定)