環境デッキTierランキング【殿堂】

※本Tierランキングは各種アーキタイプの強さ、流行度を総合的に判断して作成しております。また地域によって流行に違いが生じる場合があります

【殿堂環境】メタゲーム

・12/20に『DMRP-12 超天篇 拡張パック第4弾 超超超天!覚醒ジョギラゴン vs. 零龍卍誕』が発売された。《怨念怪人ギャスカ》を使用した《アグロ零龍》が登場。最速2キルを成立させることから、やや不穏な幕開けとなった。

・1/1より、新殿堂が施行。正月から数多くのCSが各地で開催され、環境が生成されていった。

・《「本日のラッキーナンバー!」》の支配から逃れたGRカードたちは大いに躍動を始めた。《バーンメア・ザ・シルバー》らのジョーカーズを軸とした『シータバーンメア』、更に新弾屈指のパワーカードである《ヨミジ 丁-二式》を使った『ギガ・オレガ・オーラループ』、『4cデイヤーループ』が登場。更には《MEGATOON・ドッカンデイヤー》を使った『シータリペア』も結果を残し、環境初日とは思えない程、完成度の高いデッキが続出した。

・1月初週の後半になると、『4cデイヤーループ』が頭一つ抜け出す形となった。アグロ耐性、リソースの確保、フィニッシュの安定性と序盤・中盤・終盤隙がなく強い。

・第2週は『4cデイヤーループ』を倒すべく、『赤黒墓地ソース』や『青黒カリヤドネ』が台頭。特に《暴走龍 5000GT》は非常に強力で、着地すればそのまま勝ちへと繋がる。一方でこのメタの流れを読んだデイヤー側も、《お清めシャラップ》等の対抗策を見付けている。

現状では『4cデイヤーループ』を中心にメタが回っている。なお、上位デッキの多くがループフィニッシュをするループ環境でもある。




環境デッキTierランキング(殿堂)

Tier1

Tier1:環境の基準となるデッキ。総じて強力で、飛び抜けた強さを持っている。

・『4cデイヤーループ』が頭一つ抜け出している。最速で4、平均して5ターン目にはループフィニッシュが可能であり、《「本日のラッキーナンバー!」》が制限されている現状ではクリーチャーによるループは阻止しづらい。

・それに次ぐのが『シータバーンメア』は新弾の《バーンメア・ザ・シルバー》を《せんすいカンちゃん》や《無限合体 ダンダルダBB》から通称“ぷよぷよ”のような連鎖を決めることでフィニッシュが可能。特に《ジェイ-SHOCKER》は、環境的に強い。

デッキの概要・リストは以下へ。

4cデイヤーループ

シータバーンメア


Tier2

Tier2:特定のTier1デッキに対して有利、或いはTier3以降のデッキに総じて有利だがTier1に対して不利なデッキ。

・直近で台頭してきた『墓地ソース』は零龍入りが非常に強力。遂に《暴走龍 5000GT》が最速2ターンで、そうでなくとも3ターンには充分な墓地が溜まる。特に『デイヤーループ』に対して強力なのが、環境的に追い風だろう。

・『ギガ・オレガ・オーラ』は《ヨミジ 丁-二式》とギガ・オレガ・オーラを使ったループデッキ。主に黒と緑、そこに白を足した配色で構築されている。

・『ドラガンザーク』は《ダンゴ武者》を使ったループフィニッシュがメジャーで、最速4ターンで決めうるポテンシャルを持つ。そのため、デイヤーには速度勝ちすることが出来る一方で、受け札が少なくアグロ耐性は低い。

 

→墓地ソース後日更新予定)

→ギガ・オレガ・オーラ(後日更新予定)

→ドラガンザーク(後日更新予定)


Tier3

Tier3:ポテンシャルは高いが、環境上での立ち位置がよくないデッキ。或いは直近で台頭してきたデッキ。

・『青黒カリヤドネ』は速度的にデイヤーに対抗しうるデッキであるが、意識されると墓地メタを搭載される。特に『墓地ソース』が意識されている現状では、《お清めシャラップ》などが飛んでくるだろう。ただしその『墓地ソース』に対しては強いデッキでもある。

・『赤白サンマックス』は《“極限駆雷”ブランド》や《メッチャ映えタタキ》で強化。ただし《音奏 プーンギ》がそれほど環境的に強くないのは向かい風。

・『ナウ・オアループ』は『デイヤーループ』に対してどうしても速度負けする。ただしアグロデッキには非常に強いため、今後のメタゲームの変化によっては台頭しうる。