【デュエマ・殿堂】環境デッキTierランキング 2020/7~

※本Tierランキングは各種アーキタイプの強さ、流行度を総合的に判断して作成しております。また地域によって流行に違いが生じる場合があります

過去のTierランキングが気になる方はこちらから。

基本的に毎週1回更新予定です。

【殿堂環境】メタゲーム

・2020/7/1より、新殿堂が施行された。コロナウイルス影響下でも漫然と環境を支配しつづけた【4cデイヤーループ】も遂に解体され、「ポストデイヤー」の座を各デッキが争うことになった。

・デイヤーにもっとも近しい位置にいた【シータバーンメア】は《マリゴルドⅢ》を失い、持ち味だった防御力や展開力を幾分失うことになった。それでも初週から関東を中心に入賞報告が上がり、地力のあるデッキであることを証明した。

・CSが休止されていたため公での結果こそ出ていなかったものの、vault大会で元々評判の高かった【赤白レッドゾーン】も広い地域で結果を残した。こちらも《熱き侵略 レッドゾーンZ》を失っているものの、《正義の煌き オーリリア》の呪文封殺やマジボンバーによる展開力を得たことでそれを補っている。

・また同様に前評判の高かった【パラノーマル】も順当に環境で台頭。元来のビート耐性に加え、弱点だった《熱き侵略 レッドゾーンZ》の殿堂や《「策略のエメラル」》といった新カードの獲得によって立ち位置を上げた印象もある。

・新殿堂の影響を一切受けなかった【ヤドネループ】は流石に環境からの圧力を受けたか、まだ目立った結果は残っていない。それでも「このデッキに勝てること」は一定の線引きとして存在するため、ある意味では環境の基準とも言える。

・また同じく新殿堂の影響を受けなかった【青白ナウオアループ】については、むしろ《魂と記憶の盾》の殿堂解除が強化と捉える見方もある。こちらは関東・関西両方で既に結果を残している。

・【赤青覇道】や【赤単バルガ】といったビートデッキもCSを勝つだけの実力を持っており、特に大型大会が開催できない現状では結構勝ちきりやすいデッキになるのではないだろうか。

・「デイヤーリペア」に最も近しいと思われる【4cマグナ】(GRコントロール)も結果を残している。ビート耐性という弱点を抱えているのは事実であるが、GRゾーンというリソース源を抱えているのは大きく、今後も研究が進んでいくのではないだろうか。

・7/18に「最強戦略ドラリンパック」が発売。各カードの開拓は今後進んでいくことになると思われるが、発売前より注目されていた《ジョギラゴン&ジョニー ~Jの旅路~》が採用された【旅路ジョラゴン】は初週での入賞も見られた。

・《海姫龍 ライベルモット・ビターズ》などを手にした新しい【マーシャルループ】も注目。現状では純正ループの他、《時の法皇 ミラダンテXII》を使ってフィニッシュする形も見られる。

・一方で新型コロナウイルス (COVID-19) も首都圏を中心に感染拡大が続いており、一部のCSが中止されるような判断された。CS参加に際しては、くれぐれも万全対策を。

・昨年夏以来に【アナカラーデッドダムド】に復権の兆しアリ。元々ビートダウン系のデッキに強いデッキだが、《轟く革命 レッドギラゾーン》の登場によって打点生成力が大幅に強化された。《禁断機関 VV-8》の殿堂の穴を埋めていると言えるだろう。

・また環境の速度低下によって、【青魔導具】を使用するプレイヤーも再び増えてきた。

・ドラリンパックで新カードを手にしたデッキの他、現状は様々なアーキタイプでの入賞報告が目立つ。今シーズンのDMPポイントがないことも発表されたため各人が自分の好みのデッキを使うケースも目立ってくるだろう。「CSに参加すればあらゆるデッキと当たる」、しばらくはこの傾向が続くのではないだろう。



Tier1

Tier1:環境の基準となるデッキ。総じて強力で、飛び抜けた主張点を持っている。

【シータバーンメア】は前環境から《マリゴルドⅢ》を失い、持ち味だった展開力や防御力の幾分かを失うこととなった。それでも《バーンメア・ザ・シルバー》からの爆発力は未だに健在。GRを使うデッキが減った分《ジェイ-SHOCKER》の威力は相対的に下がったが、攻守ともにバランスよく環境から消えるということは暫くないだろう。

「俺が弱くなったところで、別にお前が強くなった訳じゃねェだろうがよ、アァ!?」というアクセラレータの気分なのかもしれない。

【赤白レッドゾーン】は《GOOOSOKU・ザボンバ》などを得て追い風に台頭。vault大会3連続優勝などを手土産にCSでも活躍している。《ヘブンズ・フォース》からの上振れムーブや、対アグロに強い《轟く侵略 レッドゾーン》、呪文ループ系を封殺する《正義の煌き オーリリア》などのキーカードが強い。

ただしレッドゾーンというデッキはメタられると弱いという歴史も持っているので、今後の環境次第ではここのランクが上下する可能性はある。

・【ダッカルパラノーマル】は《凄惨なる牙 パラノーマル》によって、GRや小型クリーチャーを否定できるのが主張。《「策略のエメラル」》などのキーカードを得て、強化された。ギャラクシールドと相性のいいデッキなため、今後の強化も期待できる点が大きい。


Tier2

Tier2:特定のTier1デッキに対して有利だったり、或いはTier3以降のデッキに総じて有利だがTier1に対して不利だったりするデッキ。

・【ナウオアループ】や【青黒カリヤドネ】といった呪文ループはメタの標的になりやすい。

・とくにカリヤドネは墓地メタも一定以上のレベルで刺さるため、大会での結果は残りづらいかもしれない。ただし意識されなくなるとすぐに勝ち上がるだけの力は持っているため、ある意味では環境の基準とも言えるデッキでもある。

・【ナウオアループ】は《ロジック・キューブ》を経て光と水の多種多様な呪文を使えるのが魅力。特に《魂と記憶の盾》の殿堂解除は朗報で、苦手だった除去も安定して行えるようになった。直近ではギャラクシールド系のデッキの影響もあるため、《堕呪 ウキドゥ》でのフィニッシュが有力。

・【旅路ジョラゴン】は待望のジョラゴンジョーカーズの新しい形になっている。新カード《ジョギラゴン&ジョニー ~Jの旅路~》によって、かつてと同様にループも出来るようになった。また今後さらに研究も進んでいくと思われ、ここからランクが上がっていく可能性も。


Tier3

Tier3:ポテンシャルは高いが、環境上での立ち位置がよくないデッキ。或いは直近で台頭してきたデッキ。

・【赤青覇道】や【赤単バルガ】といったデッキは新殿堂の影響は受けずにライバルが弱体化したため、相対的にデッキパワーは上がった。

・【4cマグナコン】は「デイヤーリペア」にもっとも近いデッキ。《“魔神轟怒”万軍投》から強力なGRを捲る行為はやはり強く、《天啓 CX-20》等で稼げるリソースはやはり胡散臭いと言っていいレベル。しかし《MEGATOON・ドッカンデイヤー》というわかりやすい着地点を失っている以上、フィニッシュには課題を残している。